北広島町で活動する磐門神楽団のブログです。管理人(団員)時々団長がつぶやきます。


by banmon-kagura

2011年 01月 31日 ( 1 )

f0200599_2003815.jpg

「主神」と「随臣」が舞う連舞では、

「主神」は高い姿勢で随臣を伴い、「随臣」はやや低目の姿勢に始終して両者の位どりを際立たせる心配りが肝要。

ということで、主従関係が一目で分かるように舞わなくてはです。口上の時はもちろん、舞の間も供は常に腰を落とし低い体勢で舞わなくては行けません。
つまりほぼスクワット。

ということでシーズンオフはスクワットに励みます。
そしてスノボにも(笑)




広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-31 20:32 | 祭り