北広島町で活動する磐門神楽団のブログです。管理人(団員)時々団長がつぶやきます。


by banmon-kagura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

なつかしの岩戸 2

外付けのハードディスクを検索してみたら、またまたぶちなつかしい写真がでてまいりました。
面をつけてることもあり、この時期いったい誰が何を舞っていたのか良く分からんのですが。
ちなみにこの写真の日付は2004年12月21日11:30となっておりました。あれ?祭りではなさそう。
カメラの日付設定がおかしいのか?なんの時の写真なのでしょう?
前回の写真の岩戸と同じく、郷之崎神楽団さんから衣装から幕までお借りしております。
そして驚くべきことは、前回郷之崎さんからお借りしたアマテラスと衣装が違いますね〜。
いまさらながらどんだけ衣装持ちなんですか 郷之崎神楽団さん。
f0200599_19202488.jpg




広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-27 19:36 | 祭り

f0200599_12273742.jpg


この、こぶし祭りの日は雨が途中から降り出したにも関わらず、みなさん傘をさして見てくださいました。
菜の花と神楽とこぶしの花と、地元の皆さんのおいしい屋台と、今年も開かれることと思います。

こぶし祭り




広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-25 12:38 | 祭り

なつかしの岩戸

先日載せた塵倫と同じく2004年の奉納神楽から「岩戸」のアマテラス
f0200599_18462091.jpg

この衣装も郷之崎神楽団さんからお借りした衣装なのですごくゴージャス。
f0200599_18462728.jpg

ちなみに最近の衣装はこちら↓中央にたっている白い直垂を来ているのがアマテラスです。
f0200599_185251100.jpg

前回も書きましたが、この頃は面も衣装も本番当日初めて付けていたので、面を着けたらもう大変。
慣れていないため全然見えなくて舞台に出てもどこにいるんだか、ほぼカンでふらふらと舞っていたもんでした。楽屋で面を着けたら、舞台まで歩いて行くのさえ大変で手を引っ張ってもらって歩いて行ってたりね。










広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-21 19:18 | 祭り

懐かしの塵倫

携帯の写真を整理していたら出て来た写真

い、いったいいつの写真だ?
えっと多分2004年11月の磐門のお祭りの時の写真だから7年前か〜。

見に来てくれていた友達が携帯で撮ってくれた写真なので画像は荒いですが

f0200599_20152222.jpg


f0200599_201517100.jpg


f0200599_20162817.jpg


マニアックな方はお気づきかもしれませんが、最近アップしているこぶし祭りの塵倫と衣装が全然違うんですね〜。
この頃は磐門神楽団は自前の衣装を持っていなかったため同じ町内の郷之崎神楽団さんから祭りのときは衣装を貸して頂いていたのです。
郷之崎さんの衣装はすごく立派で刺繍がすごいため重さもすごいのです。
普段練習で衣装を着けず、本番一発勝負で着るもんだからこの頃はとっても大変でした。

そして、この写真よく見ると鬼が4匹。あの頃は人が沢山いたんだね〜(笑)

磐門神楽団団員募集中です!






広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-18 20:26 | 祭り
f0200599_12563597.jpg

お面を付け視界が悪い鬼達、なかなか舞を合わせるのは大変です。

この大鬼さん達実は兄弟。
普段は全然違うのに、舞っている時に時々気持ち悪いぐらいのシンクロを見せます(笑)

さすがです

広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-17 13:02 | 祭り
煙と供に鬼勢揃い。
f0200599_9152991.jpg

塵倫は空を飛ぶ鬼なので、煙やドライアイスは雲を表現。
ここからの鬼の衣装見せといわれる舞も空を飛んでいる形を随所に入れた舞になります。

そしてその頃、供はようやく幕の中へ。
神と供は奥で上に来ていたスイカンと陣羽織を脱いで水分補給中。
決戦に備えます。


広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-15 09:23 | 祭り
f0200599_97314.jpg

中鬼1匹と大鬼2匹登場!
お祭りの時など4匹も5匹も6匹も出ていたこともありましが、最近は団員数の減少により少数精鋭(?)
この形が定番になってまいりました。

しかし、文章書きながら疑問が
鬼の数え方って匹でいいのかな?
なんとなくいつもそういっていたんですが


f0200599_911166.jpg
広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-12 09:12 | 祭り
f0200599_8142015.jpg


さあ、いよいよ塵倫が登場です。

「塵倫黒雲に乗り来れば、急ぎ甲冑、弓ぜんの御用意あって、何卒御退治遊ばされたく存じ奉り候!!」

緊張感漂う供の台詞

もうね、前半舞って体力尽きかけてますからそりゃもう色んな意味で鬼気迫ってますから台詞にも力はいりますとも
まさに迫真の演技(笑)



本日は磐門神楽団団長の誕生日。今年もがんばって神楽舞いますけぇぽちっとお願い致します。

広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-11 08:20 | 祭り
f0200599_19311129.jpg

急ぎの舞が終わると、神は退場。
一人残った(残された)お供はここから一人舞が始まります。

天蓋探りという動きで、空を飛んでやってくる塵倫を見張っている所を表現。

幕からは煙が出て来て、さあいよいよ鬼が出て来ますよ〜!




広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-08 19:43 | 祭り

郷之崎神楽団ブログ

郷之崎神楽団さんのブログで磐門神楽団のことを紹介していただきました。
かっこいい写真付きです!

磐門神楽団が体力作りだと称し山で遊んでいる間、すでに今年初公演を終えられた郷之崎神楽団さん。

一方磐門神楽団は今だ冬眠中であります。お宮もまだまだ雪に埋まってます。
f0200599_1530531.jpg



広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-02-07 07:49 | お知らせ