北広島町で活動する磐門神楽団のブログです。管理人(団員)時々団長がつぶやきます。


by banmon-kagura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

f0200599_2003815.jpg

「主神」と「随臣」が舞う連舞では、

「主神」は高い姿勢で随臣を伴い、「随臣」はやや低目の姿勢に始終して両者の位どりを際立たせる心配りが肝要。

ということで、主従関係が一目で分かるように舞わなくてはです。口上の時はもちろん、舞の間も供は常に腰を落とし低い体勢で舞わなくては行けません。
つまりほぼスクワット。

ということでシーズンオフはスクワットに励みます。
そしてスノボにも(笑)




広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-31 20:32 | 祭り
道行きが終わったところで、口上です。

「そもそも是は〜」と自己紹介と目的を述べます。
塵倫の神は「帯足中津彦の天皇」というお名前。
さあ読めますか?答えは→「たらしなかつひこのすめらみこと」です。
f0200599_2058282.jpg


異国より攻めて来た空を飛ぶ塵倫というものを退治するぞ!という神に、「御伴仕つらむ」とお返事するお供の高丸さん。ここで手物を交換して急ぎの舞が始まります。

実は、大きな声じゃ言えませんが今回この文章を書くにあたり、台本を見ていたら
「御伴仕つらむ」って台詞ここ数年間違えて別の台詞言ってましたこ、今年からこっそり直しておこう。
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-26 21:18 | 祭り
f0200599_20505860.jpg

塵倫に出てくる神と供。
手にはそれぞれ弊と弓矢を持っています。

神が持つ弊(へい)は神の依代
供が持つ弓(矢)は弦(つる)打により魔神を退けるという意味があるそうです。

なので、特に神の依代である弊は取り扱い要注意。
舞の中でも丁寧に扱わねばなりません。
が、これまた実に難しい。

上手な舞い手さんが扱うと実に優雅に美しく流れるように動く弊ですが、私のようなへたくそが扱うとばさっばさっと動かしてしまい、「はたきの様につかうな!」とおこられる訳です(涙)。

あ〜うまくなりたい!






広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-23 21:07 | 祭り
f0200599_8264959.jpg

道行きの動き解説続きます

二方終了後「切りさんぜん」という所作が入ります。舞の区切りに入る所作で解説書によると
「四辺の座上、三箇所にて順次 左、右、左の膝折」となっております。

舞を習いはじめの時はこれが難しくて、

二方終了後とありますが、最初はこの区切りが分からなくて、どっから切りさんぜんがはじまるのか分からないから早く膝折っちゃったり、沢山失敗やってしまいました。

ぐるっぐるっと回転して膝折ろうとしたら、相手が膝を折ってなくてあわててごまかしたりね、二人で舞う場合は失敗するとバレバレになるから大変です(笑)





広島ブログ
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-21 08:40 | 祭り

2011年出演予定

f0200599_11194245.jpg

雪の中冬眠中の磐門神楽団ではありますが、予定が色々決まってきました。

おおざっぱに現在までに決まっている今年の出演は

6月 天磐門別神社2演目
9月 某施設公演 1演目
9月 同上
10月? 大朝競演大会
11月? 天磐門別神社奉納神楽
11月 生田祭り 1演目
11月 某施設公演1演目

去年は団員の育休やお仕事の関係で活動できる人数が少なく、せっかくご依頼いただいたのに受け切れなかったり、今年も大雪で練習出来ず3月の依頼がお受けできなかったりと申し訳ありませんでした。

今年力を入れる主要演目は塵倫です。

さあ、雪が溶けたら活動開始です。

それまではお家で自主トレです。
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-19 11:35 | 出演情報
f0200599_22564920.jpg

この神楽を舞っている舞台は、祭りの為に野外にもうけられた特設会場。
周りにはこんな風に菜の花も咲いていたりします。

まあ、当日ばたばたで花を見た記憶はあんまりないのですが・・・・。
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-18 22:59 | 祭り
なんだか同じ動きをぐるぐる繰り返している様に見える、神の道行きの動き。
自分の座から行って帰って(祓い・清め・鎮め)拝む(拝み鎮める)のをセットで一方といいますがこれを座を替えながら繰り返しています。

本来は五方を拝むのですが全部やると長いので、最近は省略で二方たまに三方を拝むことが多い磐門神楽団です。

ちなみに座(その役の定位置)はこの演目のように神と供が二人でる場合
舞台を見ているお客さんから見ると、右手奥の幕の前が神、左手手前が供の座になります。

                    
f0200599_1656622.jpg

[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-16 16:54 | 祭り

団員Sです。

管理人さんが、「ネタ切れだ~( ̄○ ̄;;」と言っていたので、参加させてもらうことにしました。

団長が濃い~話をするので、自分は薄いつぶやきをしていこうかな~と思ってま~す。
 
といっても、現在育休中でなんのネタもないし、写真もない・・・( ̄‥ ̄)=3
 
けど、2歳になる息子が神楽が好きなのでそのネタでいっちゃおうかな~?(いっていい・・・?)

神楽団の演目で、息子が最近好きなのは「日本武尊」かな?( ̄▽ ̄;)

よく寝るのは、「胴の口」。 マジですぐ寝る!気づけば寝てる!!!(@ ̄ρ ̄@)zzzz

寝かしつけには、もってこいの演目です。(^^)

by団員S






 
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-16 16:45 | 団員のつぶやき
こぶし祭りで舞わせて頂いた演目は塵倫
異国より攻めて来た鬼を神が退治する王道ストーリーです。

f0200599_19495084.jpg


まずは神と供登場です。
[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-15 19:50 | 祭り

こぶし祭り

先日、すでにネタ切れとカミングアウトした磐門神楽団ブログですが、さすがにやばいとあれこれ探していたら、
写真発見!

先日天磐門別神社に初詣に行って来たご利益でしょうか(笑)

昨年のお祭りの写真を撮影してくださったmizufujiさんから、北広島町今田で春に行われる、こぶし祭りに出演した時の写真をいただいておりました。

えって、これっていつだろう?

3年ぐらい前かな?

f0200599_15205699.jpg

[PR]
by banmon-kagura | 2011-01-13 15:21 | 祭り